Tel

Tel

Contact

Contact

Mail

Menu

News & Column

2021.12.15

求職者の心理について

求職者の心理について

こんにちは!
株式会社エージェント 営業部
河合と申します。

今回は求職者の気持ち、求職者の心理を
お届けしたいと思います。

採用をしたい年齢、
職業(学生、主婦・主夫、フリーター、会社員など)、
で気持ちや心理は様々。

求人募集をいただく際、
求職者の心理に沿って、情報を選ぶことが
必要です。

求職者は、給与などの待遇、将来性ややりがいなど、
条件の良い企業を求めてきました。
採用活動を行う企業としても、
条件面で他社との違いを打ち出すことで
自社の魅力をアピールしてきました。

しかし近年は、明確なビジョンを持ち、
自身のキャリアパスや仕事観に照らして、
労働条件だけにとらわれない選択肢を持つ求職者が増えています。
理想とする働き方があり、
それに見合う条件で働きたいと考えるように変化しています。

こうした求職者の意識の変化に対し、
企業が重視すべきこととは何でしょうか。

それは
『求人像』の明確化と他社との『差別化』です。
なぜなら、『どういう人材が欲しいか』を突き詰め、
それを適切に求人票で表現できていない企業が多いからです

【求人票作成時のポイント】
・どんな人材を採用するか求人像を明確化する
・自社で活躍している人材を分析する
・競合他社の求人票、情報発信と比較する
・中途採用の社員に入社理由を聞く

実際に活躍している社員をロールモデル化するのも一つの方法です。
自社内で高評価を得ているのはどんな人か、
適性検査ではどのような結果であったのかなど、
活躍している人材をベースに、
その企業らしい求人像の解像度を上げていき、
求人票に反映させていきます。

一緒に求人原稿の見直しをしていきましょう。

過去のコラムはこちら。是非ご覧くだい⇒
頭を悩ませている求めている人材からの応募がこないについて

Contact us

ご相談や掲載依頼など、こちらから
お気軽にお問い合わせください。

お電話からのお問い合わせ

052-462-8255

受付時間
平日9:00〜18:00